Scrollup btn 3f2212f487bd66e2602b25e65d068cd3e5953cd41196231ee6afc9b94b7ce68c
Message@2x 6f79ae424ebb2fda2bb557bc9d2671ce2be084a3c48628cd9c6155d48194b8ae

ご使用中・購入を考えている水素水商品の


濃度測定結果を見てみよう!
本サービスの測定結果に関する注意事項
当社(水素健康医学ラボ株式会社)は水素水の濃度測定において科学的な測定に努めておりますが、
温度や気圧など水素水の置かれている環境によって水素濃度は変化するため、本サイトに掲載しております
測定結果が該当する商品の品質を保証するものではありませんので予めご了承ください。
企業関係者の方は こちら をご覧ください。
本サイトに掲載しております測定結果を商用に用いることや転載する行為はご遠慮頂けますよう、お願い致します。
あなたの「水素水」の水素濃度測定結果をお伝えします

当サイトでは、現在販売されている「水素水」商品の水素濃度を測定し、その測定結果を一般消費者の方々にお届けします。
商品名をサイト上部の検索窓に入れて検索をすると、その商品の測定結果を見ることができます。
近年、健康商品として大流行・大活躍の「水素水」。しかし、その流行にあやかり水素分子が入っていない商品も出回っており、「水素水」が本来持つ力が正しく消費者に届いていません。 また「水素水」は扱いが難しく良質な商品であっても、消費者が正しい飲み方をしないがために飲むときには全部水素が抜けてしまっていたりといったことも実際に起こっています。
本サービスは「良質な水素商品」が、「正しい状態で」社会に行き渡り、人々がより健康な生活を送れるような未来を目指して、運営を行っております。
今話題の水素水、本当に効果があるの?

Feature 01@2x c8f8a33c6b8c35abf593bc6dccdab416ed5fd92c269aeb72c1dd4a5ef1741ede
Number 01

シミ・クスミ・シワなどの老化の原因は活性酸素!

老化を促進する活性酸素を水素で取り除くことで、その人本来の肌の色に戻ります。水素は最終的には体の中で水になるだけなので、副作用の心配をすることもなく、ご利用頂けます。

老化を促進する活性酸素を水素で取り除くことで、その人本来の肌の色に戻ります。水素は最終的には体の中で水になるだけなので、副作用の心配をすることもなく、ご利用頂けます。

Feature 02@2x 4a2d59273ba0ed2279fbae469dfa53e1f020293b9df5a0bf5c8f3835a7789fae
Number 02

疲れない体で効果的なダイエット習慣を

水素には体脂肪や血液中の中性脂肪を減らし、さらにはエネルギー代謝が活発となることが研究の結果得られています。また、運動後にも水素水を飲むと運動で発生した活性酸素を取り除き、乳酸の上昇も抑えることができます。

水素には体脂肪や血液中の中性脂肪を減らし、さらにはエネルギー代謝が活発となることが研究の結果得られています。また、運動後にも水素水を飲むと運動で発生した活性酸素を取り除き、乳酸の上昇も抑えることができます。

Feature 03@2x 3ab9b1277c8e4715cc194b5fe7614004bfcd3e72394e726c1940a21dee5e1903
Number 03

飲み過ぎた体にも水素水!

飲み過ぎた時には多くの水分で二日酔いの原因となる物質を取り除かないといけませんが、飲み過ぎた体は水を吸収しにくくしてしまいます。そこで水素水を飲むと水素分子は大変小さいため体に浸透しスムーズに症状が改善されます。

飲み過ぎた時には多くの水分で二日酔いの原因となる物質を取り除かないといけませんが、飲み過ぎた体は水を吸収しにくくしてしまいます。そこで水素水を飲むと水素分子は大変小さいため体に浸透しスムーズに症状が改善されます。

Feature 04@2x a787e9adba35195a95683800a9dbdf33b13e37d087ae14fd6eec96482dcf20c8
Number 04

病気の根本から断ち切る水素医療!

多くの病気の原因となっているのがまさに活性酸素であり、その働きを阻害する水素水は医療でも認められるようになってきました。特に生活習慣病や成人病の予防などの領域で改善効果があるということが、論文として発表されています。

多くの病気の原因となっているのがまさに活性酸素であり、その働きを阻害する水素水は医療でも認められるようになってきました。特に生活習慣病や成人病の予防などの領域で改善効果があるということが、論文として発表されています。

効果がない水素水が有るって本当?

非常に残念ですが、答えはYESです。
水素水は扱いが難しくあなたの元に届く際には水素が抜けているものや、
そもそも今話題となっている水素水とは別の種類である可能性も多くあります。
それでは、どのような水素水が「効果がない」ものなのか確認しておきましょう。

1. 研究の進んでいる「水素水」ではない種類の類似品

これまで述べてきた「水素水」とは学術的には「水素分子」の溶けた水のことを指します。

現在、お店やECサイトで売られている水素水とは残念ながら、すべてがこの「水素水」ではありません。
昨今の水素ブームに乗っかった類似商品を販売するメーカーも増えてきており、
「マイナス水素イオン」「活性酸素」「プラズマ水素」「水素イオン」等のキーワードの入った商品には要注意です。

2. ペットボトルで売られている「水素水」

「水素分子」の溶けた「水素水」であっても、実際に飲むときに水素が抜けていては単なる水に過ぎません。

ここで大切なことは売られているパッケージで、パッケージがペットボトルのものは手元に届くころには水素が完全に抜けている可能性が高いです。小さな水素を逃がしにくい「アルミ容器」の水素水を選ぶようにしましょう。

3.溶存水素濃度の低い水素水、極端に高い水素水

同じ量の水素水でも水素水に溶けている水素の濃度は異なるので注意が必要です。
一般的には、0.8ppm(ミリグラム/リットル)以上というのが目安だと言われております。 また、水に溶ける水素の量には限界があり、2.0ppmや7.0ppmなどと約1.6ppmを超える記載があるものは、充填時の測定数値であり、出荷時やお届け開封時の数値ではないものもあります。

良質な水素水と出会えるために

水素水商品は2016年時点で120種類を超える商品が存在すると言われており、その数は今後も増えていくことが見込まれます。


その中でより効果の高い商品を選ぶためには、消費者自ら水素の正しい知識を身につけることが本質的には重要となってきます。 とはいえ、忙しい社会人の方や、主婦の方々は書籍を読むような余裕は現実的にないかもしれません。そんな方々は一つだけ覚えておいてください。それは、
「水素は水素であり、そこに差異はない」
Text bg ed60ec25e6b8ab77c57126848df6b80d83d3b2dc99f3cf799a7bee58ce960a0a

つまり、メーカーによって性質が変わることはなく、重要となってくるものは含有されている水素濃度なのです。

その濃度の値を知るに当たって、当サービスを活用して頂き、良質な商品との出会いの場になれたら幸いです。
当サイトにおける水素濃度測定方法について 太田先生の推奨測定方法を採用

太田先生の推奨測定方法を採用

当サービスは、一般消費者の方よりリクエストを頂きました水素水の水素濃度を「マルチメーター(Unisense社)」 (http://product.vitec.co.jp/product2.html?works_id=24) を用いて測定しています。 この測定器を用いた測定方法は、水素医学のパイオニア・太田成男先生に指導頂き、いくつもの水素水工場でも採用されています。 皆様が日頃飲まれている水素水を、より安心してご愛飲頂けるためのお手伝いができましたら幸いです。

POINT 適切な測定方法

微量の水素を計測するには、ガスクロマトグラフィーを用いて計測することができます。しかし、水素水に含有される水素濃度の測定は、測定時の操作による誤差や有効数字を考慮しますと、水素電極が最適だと思います。 適切な機器と測定方法を用いなければ正確に計測することはできません。 酸化還元電位(ORP)測定や試薬による測定では水素以外の物質の影響を受けることがあります。

Photo1 926a8bbde18602def7653e1613c6e406aff6a4823745ca7c8f75f14cbeae5145

POINT 測定機器の選び方

正確に測定するためには、使用する電極のリニアリティ(直線性)が非常に重要です。 これは電極の仕様によりますが、高濃度から低濃度まで誤差を少なく測定することができます。また電極での測定は感度の劣化が生じます。測定する前に、測定者が標準物質を用いて判断しなければなりません。

Photo2 613cb7c10711cdf0d75dcf6f4e200c68fc22f4d0cd55e875cc34c565b3750363

POINT 水素濃度測定の基本

水素濃度を測るには、標準物質を用いて校正(較正)する必要があります。電極を差すだけで絶対値が測れる測定器は現在ありません。また非常に繊細な機器のため、標準が必要になります。

>>詳細はこちら